ブログトップ

料理教室 ハレとケ

hare53.exblog.jp

暦のお話

冨田貴文さんによる暦のお話に参加して来ました。

日本人として日本で暮らす生活に理解したいと思う気持ちがあり
以前から暦に興味があり本を読んでいました。
けど、わかるようでわからない事も。
今回のお話はとても勉強になりました。

江戸時代までは旧暦で過ごしていた日本人。
その中には気候、風土、農耕、食文化に関わる大切な事がたくさん詰まっていたんですね。
聞けば聞く程そうなんだ〜と納得する事が多くあるんだと感じました。

b0312678_14454455.jpg


物事には陰陽がありどちらも大切。
現代のグレゴリオ暦と平行して上手に暮らしていけたら物事を読む力が付き
自然で素敵な暮らしが出来るんだろうな〜と思いました。
まだまだわからない事が多いけれど少しづつ理解したいな〜と思っています。


冨田貴史さん プロフィール
千葉県出身 京都府在住
旧暦、地球歴、生物多様性、お金、原発、
エネルギー、腰の健康、ふんどしなどをテーマにした
ワークショップを全国各地で年間200本以上行うファシリテーター。
鎌仲ひとみ監督の『六ヶ所村ラプソディー』を
全国120か所で上映し
同監督の『ミツバチの羽音と地球の回転』の制作に携わる。
[PR]
by hare53 | 2014-04-26 15:00 | お稽古 | Comments(0)
<< 筍・そぼろ 昆布の佃煮 >>