ブログトップ

料理教室 ハレとケ

hare53.exblog.jp

タグ:鶏肉 ( 5 ) タグの人気記事

10月レッスン基本の唐揚げ

先週土曜日から10月レッスンスタートしました〜。
メインは基本の鶏の唐揚げ。定番のモモ肉、さっぱりいただける胸肉、変わり衣で揚げるささ身。
レモンではなく、この時期が旬のカボスをぎゅっと絞って。
習う事ってなかなか無い定番家庭料理。何となく作ると出来ちゃうけどポイント満載!コツさえつかめばレシピ見なくても唐揚げがご馳走に変身です。味付けも定番のしょう油と塩唐揚げの2種。揚げ方は1度揚げ、2度揚げと盛りだくさんですよ〜!

参加下さった方から「こんなに美味しい唐揚げならお客様にも出せます!!」と嬉しいお言葉♪
b0312678_23501272.jpg


サラダは揚げ物に合う様にさっぱりと「押し麦と秋のサラダ」お酢の変わりに旬の柑橘でさっぱり感と香り高いサラダに。秋の野菜と果物でつくる簡単なサラダです。

もち米入りのさつま芋ご飯はさつま芋にひと手間かけるとぐっと美味しくなります。もちろん品種も大事ですね。

スープはキノコ3種を使って。ケミカルフリーでもグッと濃厚スープの完成♪しかも簡単・笑
水分を加えて煮込む前のキノコは他のお料理にもアレンジ可能な保存食にもなっちゃうお得感。
コンソメや鶏ガラ使わなくても安心スープの完成です。こちらのお味にもみなさん驚きです♪嬉しいな〜♪

レッスン後、すぐに作って下さる方が多くて本当に嬉しい悲鳴です♪分からない事いつでも連絡いただければと思います。

新たな出会いにたくさん恵まれた今月のレッスン、益々楽しみにです!
空席わずかにございます。ご興味ありましたら是非入らして下さいね♪


空席
10月17日(金) 1席
10月30日(木) 1席(エアー在宅日です)満席になりました。ありがとうございます。

初心者のかた、お一人参加の方、大歓迎です!よろしくお願い致します。
[PR]
by hare53 | 2014-10-15 00:09 | 料理教室 | Comments(0)

コンフィもどき

5月レッスンで作ったトルティージャ。
材料を揚げ焼き後にオイルをきる行程があり毎回もったいなくてとっていました。ビンボー症
パスタオイル、ドレッシング、炒め物などに使っても使い切れないのでコンフィもどきにチャレンジ!

b0312678_11393964.jpg

こ〜れ〜が〜ちょっといい感じに仕上がりまして〜。
コンフィってオイルも時間もたっぷりかかるけどこれなら家庭で作りやすいじゃない!!

昨夜夕飯でペロリ〜。
今後、さらに家庭で作りやすく改善し今後レッスンでご紹介したいと思いま〜す。お楽しみに〜♪
[PR]
by hare53 | 2014-06-01 11:43 | 作る・食べる | Comments(0)

鶏の唐揚げ

今夜は鶏の唐揚げで〜す。
私の大好物です・笑

今日の味付けはシンプルに生姜絞り汁と塩で。
ル・クルーゼは揚げ物も出来ますよ。
しかもカラッと揚がってくれて頼りになりま〜す!


b0312678_2237167.jpg

[PR]
by hare53 | 2014-03-21 22:38 | 作る・食べる | Comments(0)

チキンソテー

今夜は胸肉を使ってチキンソテー。
レモンと塩で味付けをしてさっぱりと。

b0312678_22392538.jpg


ポーチドエッグと絡めていただくとしあわせ〜。
いわゆる親子丼ならぬ親子ソテーかしら〜?

ポーチドエッグはお酢を使うと酸味が残るのが苦手。
以前、水島シェフから使わなくても出来ると聞いた事があるので
お湯だけで作ってます。

家庭ならこれで良しかな〜・笑
[PR]
by hare53 | 2014-03-06 22:43 | 作る・食べる | Comments(0)

鍋まわし

「ケ」のごはん
どうしたらシンプルで早く仕上げられて美味しいか?
もちろん身体に優しく。
いつもこんな事ばかり考えて作ってます。

昨夜もル・クルーゼの特徴を活かして
ブロッコリーと鶏胸肉を加熱。
鍋まわしがポイント。
加熱調理は3分ほど、あとは余熱で十分なのがスゴイ所。

まずはブロッコリーを蒸し茹でに。
残った茹で湯を使い胸肉を加熱。余熱を使えばしっとり柔らか。

加熱後の茹で湯は驚く程旨味も加わり捨てたらもったいない。
何かに利用出来そう〜っというもったいない病発症。

ブロッコリーは先日いただいた筍とニンニク風味にさっと炒めて。
b0312678_18294532.jpg


鶏胸肉は温かいうちに手で裂いて塩をした叩き胡瓜、人参、香味ラー油で合えて。
b0312678_18302675.jpg



あ〜ビールが美味しいです・笑
[PR]
by hare53 | 2014-01-23 18:37 | 作る・食べる | Comments(0)